山形の旅 出羽三山

今日は梅雨の合間の晴れです しかし晴れると暑い、年を重ねると暑さも寒さも答える、山形の旅ももう一ヵ月も前の事に成なりますが、今日は頑張って3日目を出したいと思います3日目は出羽三山です私はここが目的でした、  

856_2 883_2 064 私たちは山形の湯の浜温泉に2泊しながらレンタカーでいろんなところを見て回ったのです、湯の浜温泉から30分ばかりで出羽三山の入り口 鳥居に出会います、はるか手前からの鳥居で凄いです、これからかなり登りあげて月山の入り口になります、月山えの道のりは山を一つ越えてゆくみたいですが私たちは五重の塔を見て又車で月山まで登りあげました。

893_3 96_3  20_2
 月山への入り口【随神門】ですこれから石段を50メートルぐらい【ままこ坂】降りてゆきます、この地方で飢饉があった時代子供を一番下所に捨てた親が居たら子供ははってこの石段を登ったとかそんな伝説もあるそうです。須賀の滝に架かる橋


912_3 932 59_3 須賀の滝 ご神木

948_2 967_2  957
拝観料を払って御祓いをしてもらい たまたま五重塔の中を開講していて見ることができて凄い構造でしたが写真撮影はだめとのことでした、

042 990 この石畳みは表参道1、7K2447段あり樹齢400年近い杉並木がつずいています、私たちはここから戻り車で月山まで登りました、

71_2 69_2 97
 いよいよ出羽三山月山です、重要文化財 三神合祭殿 山頂に立つ合祭殿は 月山 羽黒山 湯殿山 豪壮な建物で圧倒されました。神仏集合時代の名残をどめる作りだそうです、高さ28メートル茅葺屋根のあつさ2ⅿ20cmとか、内部は漆塗りです勇壮です


81 03 50 この石畳が登りあげたところです、私たちが表参道にいた時小学6年生の人達が先生の引率で登りしばらくしてから月山で出会いました、大変だったと言ってました。いよいよ旅の最後です山形ともお別れです、私たちは夜の8時近い山形からの便で羽田に向かいました上空の夜景は素早しいイルミネーションでカメラは閉まってしまい撮ることがかないませんでした、思い出をいっぱいもらいいつも護衛されながらなんだか自分はまだまだと思って居るが傍から見たら良い年よりかもしれない、人生の終活かななぞとも思いました。     訪問してありがとうございます。
44_2 



























 





 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山形の旅2

梅雨に入ってもう何日に成ろうか、昨日(16日)は寒かった、今日はお日様が顔お出したり隠れたり、台風が太平洋側を通過するため今週いっぱいはお天気が雲りマークとでた。6月ももう月後半に差し掛かった何をしていたのだろうと思う、畑の作物の世話と花の手入れで振り回されていたのか、??でも楽しみで朝起きるのが張り合いにもなっていた、今年初めてこの年になって作物を一から世話をすることになり何とか作物に聞きながら見ながら自然に育ててなるがままに励ましている、ジャガイモも、もう掘って食べてみた、娘たちがポテトサラダにして持ってきたり、マーア特別美味しくも感じもした、今日は山形の旅を出さなければと、頑張ってみます。

326 381 374_3鳥海山です酒田の町から見た鳥海山で美しかったです、この日は酒田のお祭りと有名な居山物産展を見ました、下の写真は居山倉庫明治の建物で北前船で物資を運んで保管したとかみごたえがあり素晴らしかったです

389 393_5 418_3

04e0a4e06f9d1c8d6afc6f0b52a08a6f94c 597_2 616_2時間があったのでクラゲの水族館を見に行きました、山形でも日本海に面した位置で楽しかったです

655 583 749_3 クラゲの種類もたくさんあって体力的に疲れてもうたくさんと言うほどでしたそしたた水族館の職員がウミネコとカモメに餌や料金を楽しませてくれました,これはとても良かったです、私は手が臭くなるのでしませんでしたが、皆さん楽しんでいました、ちなみにエサは鰺です。


7501 279 842_2暫らく海を見つめながら過ぎし日を思い自分の時間に浸りました。












| | コメント (1) | トラックバック (0)

山形の旅

今日から六月今年ももう折り返し点に来てしまった早いものである。五月の後半に娘に誘われて山形に出かけてきました、行程はまず一日目は山形空港からレンターカーで山寺に行きその後山形の美術館と言う最初の日の行程でした、お天気はあまりよくなく曇り空で、山寺の石段を上るには丁度良かったかもしれません。私はここは三回目ですが多分登り切れずに下で待つことになると思ったです。しかし登り始めて修行の石段(坊さんが修行をするのに使った石段ともいわれています)を登りながらいろんなことを考えたり。+汗を流しながら、休みながら孫に励まされながら何とか登り切れました、奥の院までです我ながら驚いた次第です。2度とも見晴らし台まででした。

6167 6262 6204山寺の登り始めに芭蕉の日があり静けさや岩にしみいる蝉の声有名な句です


1122 1211 6208数えきれない石段を登ってゆくと納経堂と開山堂



6259 6220 6223大変な石段の途中にハナに励まされやっと見晴らし台にたどり着きます


6235 6237 239初めて登り切った奥の院



















 











 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

子供の日&我が家の畑

暑い暑いなぞと言いながら5月ももう中半ば過ぎ驚いてしまう(^Д^)プギャー、子供の日に一人で出かけてみた、東京港区のミットタウンで全長25メートルの大きな鯉のイベントが新聞に載ったので。私も行ってみようと思い、6日までと言うので出かけてみました。一人も良いものである、気ままで同のように計画を変更しても構わないし、でも夫とだと少しは話もができるし気兼ねもないとも思った。仕方のない事であるがつい思ってしまう。イベントは子供中心であるが私は鯉のぼりの中を通りぬけられると言うのに驚いて出かけた、本当にすごい凄いと思った大きな扇風機で風を送り中でアシストサンたちがチョト支えていましたが家族連れで楽しそうであった、もう私たちはこんな時代はとうに過ぎており終活かもしれないが楽しむのは自由だと思った。

889 870_2 6010

5982_3 984_2 922_5 子供たちのイベントの横でアロハガーデンが開かれており、ハワイアンを踊る人たちが幾つもの団体が来ており楽しかったです、木陰で食事を頼んでのんびりと楽しい時間を過ごしました

912_2 914_3 059_3 車のイベントもありこんな高いところまで登れると言うイベントでした

6089_2 088_3 _6099_3 ジャガイモの花がもう咲きだして驚いています。子供たち夫婦に助けられてここまで来ましたが、サツマイモのうねりも自分でこさえて200本ばかり植えてみました、まだこれからアスターの花を植えるのですが、植えるところを何とか夫がしていた様にこさえてみましたがうまくいきません、どこかでそんなやり方ではないと言っているかもしれないですが、それはそれで、苗も何となく育ってきたので今は畑の仕事が楽しみになっています。

096_8  6114_4  6110_11











| | コメント (0) | トラックバック (0)

ある日

久し振りにブログを開いみました、暑い日が続き家の周りもそれと無くかたずけたり草も目立ってきたので、それと無く綺麗にしてみたみました、しかし草取りをいやと思うと幾らでも追いかけてくるきがします、少し頑張ってきれいに草を取った後はまた楽しいです、そんな気持ちで家の周りのかたずけをして過ごす日々です。何日か前テビの情報で富士桜が咲いていると出たので、ある日思い立って初夏の風に吹かれながら出かけてみました。私が見た富士桜です

47591 769 767_3 
ファナック野通りです        下にヘンスがあったのでトリミングしました

_4796 4791 4801 その後山中湖まで小さなバイクでのろのろと走ってみました、これからの季節私の愛車になってくれるのです。逆光で若者たちのシルエット

4926 32_2 952 此方は娘達のプレゼントで伊豆高原に伊豆ぐらんぱる公園にあるイルミネーショウンを見に行ってきました、楽しめましたら幸いです。

969_3 179 195_2












| | コメント (1) | トラックバック (0)

千鳥ヶ淵

4月に入ってもう今日は4日、毎日気温は20度を超えている、今年の冬は厳しい寒さであったが、春を飛び越えて初夏の季節が一気にやってきたように思える、桜もこの時期に満開を告げるとは何だか驚いてしまう、都留に来て五十うん年たつが四月の始めに桜が満開などとは覚えがない、思えば知らず知らずのうちにもう後期高齢者になっており気持ちばかりはまだ、まだと思って居るそんな自分が居る、今年の桜はなぜだか私にはそれほどきれいと思えないのは(桜には失礼かもしれないが)ピンク色が薄いように思える目が悪くなったのかもしれない。この間千鳥ヶ淵に行ってきた。一人で行くことにしたら、娘が引率すると言うまーいいか一人で行くよりはと、千鳥ヶ淵 3年ばかり前に夫と二人で此の千鳥ヶ淵で一休みしてのんびりと掘を見つめた夏の日を思い出してやはり悲しかった、でも千鳥ヶ淵の桜はきれいであった桜の咲く季節の千鳥ヶ淵はいい風景だとも思った。

4109_4 4134_2 41511_2
160_3 4216_4 4189_16千鳥ヶ淵から地下鉄で皇居に出て皇居解放で散策して

_4258_2 4269 4275_4 この枝垂れ桜、此の間テレビで両陛下が皇居の枝垂れ桜を見に出てみていた・・・・ああーと思った。

_4254_4 236_3 4345 局門どうゆう門かしらねども???次は宮内庁 黄色の桜です。

_4369_4 _4376_4 4367_2東京駅に出て1万6千何歩よく歩いたと思う此処のパンとステーキはおいしいとかで娘のゆうがままに戴いてきましたパンがとてもおいしかったです。二階建てのオオプンバス―香港で乗ったことを思い出した・……楽しいかった春の一日でした。






















| | コメント (1) | トラックバック (0)

早春の日

三月に入ってもう一週間にもなる、もうすぐ東日本大震災の日が来る、あれからも7年、日本中の人達が恐怖と悲惨な出来事におののいたことでした。悲しみと辛さを乗り越えるには大変なことであるが、乗り越えて前に進むしかなく、時間に助けられながら一歩一歩と自分を励ましながらみんな頑張ったのだと思う、復興のきざしもテレビで放映されるが心の痛みはなかなか癒えない事と思う。……季節は巡ってきて今年の冬は特別寒さを感じたがもう春の息吹を感じられる、裏にあるネコヤナギが満開になり慰められる、福寿草は終わりに近いが綺麗とかああ咲いたとかと思いながら心の辛さを救ってくれた、そんなある日孫娘の招待で、笛吹川フルーツ公園内にある富士屋ホテルでのデナーでした。そんな日を振り返ってみます

863_4 014_2 68

892_2 919 24 たまにはこんな状態でいただくのも楽しかったです、無理してフォクでなくともお箸で良いですとか、お魚はタイとか説明をしながら野菜もアスパラとキャベツをかっけ合わせた何とかと言いましたが名前は忘れました

905_2 981 _1978 こんなリッチな楽しい時間を作ってくれた孫たちに感謝しながらの時間でした

2055 47_2 261_4 その後塩山にあるザゼンソウ公園にザゼンソウを見に行ってきました、雪を割って目を出すザゼンソウの力強さに感激です。最近は感謝の気持ちばかり頭にあり自分は人に何をしてあげられるのかと思うときがある。


36 39_2




























| | コメント (0) | トラックバック (0)

皆既月食

今日はもう節分、2月の月に入って2度目の雪、今までは雪かきも私の仕事ではないなぞと思って居たが、今度はそうもいかない大きなハウスがまだ1棟残って居るので、雪落しに若い人たちもいしょに奮闘した、比較的暖かかったのでそれほどの心配もなく済んだ。1月31日の皆既月食それなりに挑戦してみました。

843 0879 885
19時58分      20時47分     20時59分

955 168 248_3

21時29分      21時58分     22時41
オード色というのかオレンジ色に変わってきたときはすごい感激でした寒さも忘れてカメラに釘ずけのようでした。このオレンジ色の月はブラットムーンともいうそうです。次の日が大変でした足腰が痛かったです。



| | コメント (1) | トラックバック (0)

雪の後

此の間の雪は何かとても綺麗で軽い雪に思えたです、その後の寒波には驚きます、50何年振りかの寒波とか、家の中の布巾も雑きんも朝 氷ている状態でした。で昨日は昼と夕飯を外で食べたため水道を使わないでいたら、今朝は水道でなくボイラからのお湯が差動しなくなり大慌てでした。此の寒波の中でも紅梅が咲いていて何だか励まされる思いです。

6851 674_2 731雪の後天に向かっている木蓮凄いと思ったです

30_2 726_3  696_2




692 744 つららも凄いですね。














| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しき年

今年も明けてもう半月一月ももう後半に入ろうとしている、何をどう考えたところで仕方のない事であるが、その人の声が聞けないということと言葉が返ってこないことは淋しい、が生きて行かなければ成らないし、生かされているかもしれない、こんな考えをしてもいけないと思うけれど突き詰めて考えてしまう、昨年の暮れにさて正月はどんな風に過ごせばいいのかなぞと思った、そしたら娘夫婦が箱根駅伝を平塚の中継所に見に連れて行くと言う、神様はいると思った??、そしてその観戦の渦の中にいる間は私も渦の中の人に成れる、そして何も考えずに済む、そんな娘達の励ましに乗っかって、今年は正月を過ごしたので振り返ってみます。家を出発したのが7時半割かし道はすいており2時間かからずに平塚に着き、でも平塚の中継所はもう満員でした、何とか反対側の歩道に席を取りしかし逆光で写真を撮るにはちょっとと思ったが仕方なく何とかカメラを調節しながら頑張ってみました。

41_3 076_8 094_12 山梨から比べると随分と暖かいと思いました最初に襷わしは東洋大でした


0108 124 156 青学余裕でした、早稲田 


162 164  193 東海大 

206  227  242_2  順天堂 駒沢大 帝京大

253  279 291  日体大 大東大 中央学大

313 354 048もうこの辺で止めておきます。箱根駅伝を堪能して帰りに見た富士山、と高速道、娘達に助けられての正月でした。































| | コメント (2) | トラックバック (0)

«寒寂の夜空に