« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

しだれ桜

此の時期になると必ず身延山のしだれ桜を見に行きたくなる、昨年も3月の28日に行って来ています・今年は29日に行ってきました朝チョと早く出かけるとすいておりすいすいと身延山につくことが出来ます。全国しだれ桜10選の1つ身延山久遠寺は選ばれているとか奇麗で樹齢400年とかP329_2                      

P325 朝7時半ぐらいでした奇麗に掃除をしており身の引き締まる思いです

P321 開基堂の横のしだれ桜で見事です

P322 でも私は此の開基堂の裏山よりしだれている桜が一番好きです何とも表現できないほどです

P326 しだれ桜がほとんどです朝の澄んだ空気の中桜に酔いしれて満喫してきました。

この辺は桜はまだほんのりと蕾がいろずいてきたところですが甲府盆地は満開の桜です

P331 1泊して次の日 慈雲寺のイト桜を見に行きましたが未だ蕾でしたP3344、 しかしこのいと桜の幹の生き生きとした力ずおい幹には感激しました。

このように一部開きかけていました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

雨の日の回想

昨日は暖かい日で庭の草取りに専念して、何か芍薬の芽がむっくりと目を出して折 可愛い事少しは奇麗になったかな?、今日は雨降りで此の間の青春切符列車の旅を回想しながら・・・・出してみることにしました。山梨からだと小諸の方が近いのですが松本径由で長野まで出て 姨捨 とても印象に残りました、深澤七朗の楢山節考を思い出し私も昔ならなぞと思い10分ばかりの待ち時間になんか棚田と千曲川を満喫し、ところがスイッチバックですこれまた懐かしい思いでした車でばかり来ていたので何とも新鮮です。P36

看板の下に少し棚田が見えます

P35 軽井沢駅のおしゃれな出口です

P39 P38                  

ランチです美味しかったです

P37 たまたま新幹線が入ってきました。新幹線が出たので碓氷峠も廃止になり。

P310 軽井沢より横川へ

P312 妙義山を見ながらじくざくと

P313 横川からいよいよ帰路に踏み出します

P3171

高崎の駅前です

だるま弁当が有名だとか一度食べたことがありますが、楽しい列車の旅でした又出かけたいなぞと思い一日が暮れました。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

散歩・・梅の花

此の所 暖かい日が続いたせいか白梅紅梅が華やいで来てついつい近ずいて見とれます、此の白梅は毎年其処だけ白く明るく道すがら見えます、ある家の裏ですが20本ほど白梅が植えてありそれは見事です。

P3_2

P32

P33

P33_2  此の紅梅と白梅は公園のです。

P31 お彼岸さんで実家のお墓まいりに行き六地蔵さんが真新しいまいだれと帽子で何ともゆえぬ哀愁を感じました

P32_2P34_2

いよいよ春の息吹で花を見て楽しめることに感謝して過ごしたいな・・・と思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

私のお雛様

桃の節句は3月3日ですが旧暦で私の子供の頃は行っていました.義妹が木目込みを趣味にしているので私の雛人形として作ってもらいました。兼ねてからの希望でした。思い出としては良く父親が3月28日に飾ってくれてよく着きまっとたことを覚えています、私のお雛様は御殿飾りでしたが、今は実家のどこかに仕舞われているのかあるいは処分されたのか思い出だけは鮮明です。

P31 かわゆいでしょう!!

孫達のお雛様も載せてみます もう高校2年生で双子の・・何くれと無く私にアドバイスをしたり気を使ってくれます。

P32

P32_2 同じものを2つ飾ると大変です

P303

此れは中2の孫のお雛様です木目込みでとても渋いとゆうか落ち着いたお雛様です中2の孫は私達にはユウモ‐アをいぱいくれてたのしです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

伊豆・・下賀茂

良く出掛けしますね!!と娘達に言れますが人生のご褒美ですよとルンルンで出かけます。今回は下賀茂がメインです、ドライバーさんの計画どうりに進行します、湯河原の梅園を散策未だ二分咲きでしたが満開になると山一面にピンクと白で染まるそうです其れは見事だとか熱海の梅園とは又違った光景です。

P30

P31 このようなお店もありました

のんびりと楽しんでみました私は梅の香大好きです、下は国立公園

城ヶ崎です何年かぶりに来ました、胸いぱい深呼吸して!!

P33

P32 恐かったです渡のに

P37 人なれしておりカメラを向けてもにげません

下賀茂にて1泊・・下賀茂は下田より9キロ程のところで弓ヶ浜方面より右に入った所です、5年ほど前に此の下賀茂に1泊した事がありそのとき下賀茂・・京都の地名かと思ったほどなんか不思議に思いました、今回は宿の主人に尋ねてみると此の地名はやはり京都の流人が住みつき此の地名を名乗り言葉も今に至って柔らかいとか、此処は河津桜が河に沿って植えてあり河津より静かで穴場かもしれませ。

P34

P35 花冷えで夜は寒いですがライトアップで奇麗でした。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »