« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

秩父 羊山公園芝桜の岡

お天気も良いので28日の日雁坂トンネルを超えて秩父に行って見ました遊ぶ事大好きです

円形の中の芝桜は新種の多摩の流れP43 P43_2 だそうです次のがアメジンP45 ググレースだそうです,コーデネタが芝桜の色分けをして演出するのだそうです、月曜日だとゆうのに物凄い観光客でした。P429

芝桜のはるか後方の山が秩父セメントの切りとった採石の山です滝沢ダムですP46_2

P428 

ルプ橋になっていますP49 、雁坂トンネルを出てすぐの橋から撮ってみました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

我が家の庭の花

P420 紫雲色の木蓮

P4210

P425 朝露に濡れて昨日は未だ蕾でした

P4211 開きましたクマガイソウ何と無く恥ずかしげです

P422

P5 P4_2                   

チュリプさんはもう花を折ってやったりしています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

蔵王温泉

羽田より50分のフライトで山形空港に着き・・・山梨は春爛漫なのに寒さを求めてとは何か・・・・しかし見知ぬ風景を求めての旅も又楽しいかと 2日間はままのお天気で後の2日は雨晴れている内にと精力的に散策してみました。蔵王温泉郷は海抜800m、でリフトで900メトルの蔵王地蔵尊と樹氷がみられとゆうのでいて見ました。

P42

P41 2M50cmのお地蔵さんですが、すぽりと胸まで雪に埋もれておりますでも気温8度でしたのでそれ程寒くはありませんでした。

P44

P411 下界のほうがガスッテいました。

P55 蔵王温泉の近くですが鴫の谷池地沼で一週できる小さな湖ですがブナとか楢が多く水芭蕉がずいぶん生息しており4ヶ所程見られました,水芭蕉は花が先に咲きます。

P433 兎に角水が奇麗でしたこんな滝も有り・

123 次の日は山形市内へバスにて30分山形駅より電車で20分で山寺を散策

P111

階段登れど登れど辛いです18年前に来たのですが記憶とは如何にちがうか、いやんばいなものである事に気づきました。

俳人芭蕉・・静けさや岩にしみいるせみの声 の句は此の山寺での句とか

P22_2 展望台より

P4456 山形駅のすぐ近くの霞条公園の桜で何処にいても山形近辺は桜桜でした、

メインの温泉は硫黄温泉でプルのような温泉です毎分何とかとゆうほどの湯量だとか。神経痛・リュウマチ色々と書いてありました。

P4190 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

P416
今、蔵王温泉にいます、あいにくの雨降りです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

水芭蕉

笛吹市境川町大窪・・山梨県の内でも知らないとこばかりです。水芭蕉が咲いているとゆうので遊びながら見に行きました。P41_2

P47_2  此の奇麗な水で栽培されているそうですが、長野県の鬼無里に有る水芭蕉とは又基もが違っておりました。

P413_2

P414 日曜日と有って桃源郷はバスツワーやらトレキング客でラッシュです、色んなイベントも組まれているみたいでした。

P45 P48                  

気球がイベントで上がる所です一度乗ってみたいものですね。

P49_2

P410 知りませんでしたが山梨県にも古墳が沢山あるのですね、此の古墳は畿内王権の古墳だそうです私も勉強不足で良くは解らないのですが・・休日で皆さん家族連れでお弁当を広げて楽しそうでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

雨の日の情緒

朝から冷たい雨が降り花冷えである午後雨の散歩と洒落てみた

桜が今を盛りと争ています、雨に煙る桜も風情があるかなと思い何方かのコメントに西願寺の枝垂れ桜と出ていたことを思い出しいてみることにしたチョと遅かったかな しかし奇麗である・・私だけでなく世の中には雨の日の桜見物者もおりフフフ・・・であるP41

P42 桜の木の下にはいてみましたおおきですP43 雨に濡れる煙る桜

P44 モミジの芽吹き驚きましたこのような色で芽吹いていました。

P45

P46 川棚橋です雨にぬれながらの散歩もまた楽しいといきまいてたっぷりある時間を楽しみました

P48

此の碑は昭和2年のものです、40度近い坂を上らないと都留の街には或いは駅には出れません此の坂の途中で富士山を眺めて一休みした事であろう昭和の先人は なぞと思い1時間40分ばかりの散歩をしました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

笑いの時間

娘の招待でグランディーバ バレエ団を見に行ってきました・・グランディバとは偉大な女神とゆう意味だそうです、2000年頃から日本の各地を公演されており此のバレー団は男性だけで結成されており其れは其れは楽しく又笑いのレシピです。テレビでよく宣伝しているのは見ますが一度見たいと思ていたので・・・・・何処にでもいそうなおじさんが素晴らしい技術でバレーを踊り魅了されますが、又ずっこけて見せます、男性とは思えない美しさで研ぎ澄まされたバレーを踊り感激の時間でした。小学生(女の子)を連れて見にこられている方が多かたです。       

P41_3 ぽすたーです

P42 久し振りの県民文化ホールで懐かしかったです

P43_2

P45_2 瀕死の白鳥

P47_2 ミュ-ジカル調のフー・デァーズ

場内での撮影はあまり良くないのでほどほどにしました。楽しい時間はどんどん過ぎてゆきます2時間の公演で休憩時間が15分3回でした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »