« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

出会い

身延山の朝夕の鐘の突き方が凄いとテレビで以前報道されていて ”で”1度見てみたいとゆう事になり出掛けてみました、早朝まだ満月の前になるので綺麗なお月さまを見ながらの道のりでした。朝5時との事で鐘を突く時間に間に合うことを願ってときめきながら又どんな光景を見れるのかハラハラいそいそと出掛けました。

Photo 身延山についたのが5時5分前あわてて鐘つき堂の所に行きやれやれ・・

3 新しい五重の塔がライトアップでそれはそれは綺麗でした

4 いよいよ念願の鐘ですなんか鐘つきの紐にカギがかけてあるのかな??と思われました

13_2 

7

6 水平になってひきそのそして立ち上がり・・

8 打ちながら右足を振っています鐘お突くのも命がけに思えます感動しました、・・・・になにしろ私のカメラが夜系モウードで未熟なためうまくとれません  

12 坊さんの学生さんだそうです此の鐘の打ち方は大きな鐘のため此の様にして打たないと打てないのだそうです

14 でも暗い中を来たかいがありおごそかな本堂と朝のお勤めを見ることができ・・・・・・五時半からのお勤めて多くの方がお勤めに参加していました。

10

9 六時ちょと前ようやく明るくなり始めました 。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

休日の海

釣りに行くのでついて行きました、暑い休日でしたが案外海風が涼しく心地よかったです

2_3 七ヶ月の赤ちゃんだそうですが心地よさそうに此処にいるとおとなしいんだそうです

4_2 カヌーの教室みたいです

2_4 海の暴走族にも見えましたがさしずめ余暇を楽しんでいるみたいです

3_2

5_2 四階のベランダから飽きることなく海のシルエットを楽しみました

6_3 お友達かな?其れとも姉妹?

7_2 だいぶ日が短くなって17:49分に日没まじかです

1_2 次の朝気がついてバナナの花?と言うのかもう青い実がたくさんついていていて・・・・今年の猛暑で南国の風景のようにも思えました。

5_3 もう漫珠沙華が咲き始めて。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

白馬

毎日の猛暑にどこか涼しい所に行こうとゆう事になり白馬あたりはあんがい涼しいのではと・・・・・涼を求めて出掛けてみましたが日中はやはり30度近くて、でも空気が何ともひんやりと感じました。今回は白馬村青鬼(あおにむら)を散策してきました、白馬から小谷寄りの山深い所の集落で760mの中腹にあり随分と急斜面を登っていくのですが案外と東京あたりの車に出会いました、家屋が重要建造物保存地区になっているそうですが14戸の小さな集落でした。その昔は塩の街道で鬼無さに通じていたのだそうです。

1   5  3  4 何年か前までは萱葺きの屋根であったそうですが山を背にして同じ方向にむいて建てられていました、何とものどかで、見学者が自由に見れるように集会所が解放してありました、3番目の写真はガッタりと言い、昭和の初期まではお米を付いていたのだそうです、5月の田植えのころが棚田に白馬連峰が映りとても綺麗だそうですはるかに見えるのが白馬八方村です。

1_2  2  6  3_2 次の朝冬季オリンピックに使われた高台に行き青鬼村の方を見て感激しました素晴らしい朝もやでなんと幻想的なことか大きな姫川から朝霧が立ち込めて素晴らしいながめでした今年もまだ気球を河川で上げていました。

4_2  5_2  8お天気だったので白馬連峰もきれいでした今回は山の中腹まで行く気になれず白馬村の木陰の散策でしたが水がきれいで梅花茂が咲いており懐かしかったです。  

| | コメント (3) | トラックバック (0)

暑い日の八朔

何となく秋風の気配を感じながら宵祭りの屋台見物に出掛けました、華やかに又雅に宵闇迫る中 娘と屋台見物に酔いしれました

3_2 早町、新町、中町、下町と4期の屋台がそろい見事なものでした。

12

13 屋台が三叉路を廻るときを見たくって???早町の屋台ですが車の下に台を置き次に手子で上にあげて廻しておりましたが写真がよくとれませんでした。

9 皆さんで力を合わせないと屋台は引けないし御苦労さまと思いました。

2_2 次の日 3時過ぎにちょとだけ見に行きましたミセスミドリはつらつと、

10 よさこい踊りで2歳だそうですかわゆいですね

11 阿波踊りの男踊りのようです

5_2 夜花火、知り合いと孫たちで賑やかなうたげです。

4 

7_2

9_2

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »