« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

暑い日曜日

何日か前の暑い日 高ぽッチ高原に涼を求めて行ってみました。皆さんそれぞれに休日を楽しんで高ポッチ高原は標高1665メートルの野草が中心とした高原だそうです、何回か塩尻を向けて乗鞍、平湯の辺に行くとき高ポッチ高原の表示は見ていたのですがこんな素晴らしい高原があるとは知りませんでした。諏訪湖が1望出来て空気が澄んでいると富士山も見えるのだうです。下の2番目の写真の?マークの辺に富士山が見えるのだそうです。

23  2  1  5

広々とした駐車場も整備されており牧場も見られて何とも大きな空 雄大です、ラジコンで飛行機を飛ばすグルプがいて私も随分と楽しませてもらいました。

18  8_2  112 15

山野草はあまり見つける事が出来ずでも涼しく楽しい時間を過ごせました。

4  9  14  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

乗鞍高原

連休に娘に誘われて乗鞍高原に高山植物を見に行ってきました。岐阜県側の乗鞍スカイラインをえて・・・・・帰りは乗鞍エコーラインで松本に出ます標高は2500Mの乗鞍高原です、山の上はひんやりと涼しく空が青くなんか天空の世界です私が見たいコースはやはりお花畑でこのお花畑は山と山の間にあるすり鉢状の自然の花畑になっており多くの観光客と登山客で賑わっていました。

1  4  2 白く見えるのはハクサンイチゲで見事に花盛りでした

3  18  19

6  9  7 ハクサンイチゲ,イワカガミがかわいかったですそこ此処に群生をなしていて目を楽しませてくれました

8  10  11 黒ユリも高山に咲くのか小さいのには驚きましたいたるところに群生で可愛かったです

13  14  15青のツガザクラ、コバイケ草、ミヤマキンバイ

16 20 21 ミネズウオ、まだ2歳にならないような子供さんと山を楽しんで幸合そうです、さまざまに楽しんで

 5  17 不消ヶ池空の青さより深い色でした 、今回は頑張って2800近いパノラマまで上ってみました空気が薄くなんかとても大変でした。私達はバスツワーなので2時間30分の散策なのですがマイカー規制でシャトルバスを待つ人達は大変です。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

まとめて

今月の初め久し振りに伊豆に出かけてみました、暑いのにと思いながら少し休養をしようとのことで、その夜いかつりの船を見て感激

2  1_2   3 何となくぼんやりと暗い海を見ているとイカ釣りの漁船がだんだん近ずいてきて・・・・・・ああこの時間に働く人もいるのだと思いなんか申し訳ないような思いで楽しませてもらいました。狩野川の太公望賑わっていました。

26  23  21 日曜日にあまり暑い日が続くので涼を求めて白馬五竜に日帰へりで出かけてみました,ゴンドラに乗り次にリフトで又上がります、1800M位になると涼しいし山の空気は美味しいし何ともゆえないさわやかさです、下界の暑さはどこえやらで・・・・・3年ばかり前に来た時の風景を思い又駒草を見たい思いでいたのですが気持の方が膨らみ思ったほどでなく・・・・・・・むしろ霧と涼しさに癒されて山の醍醐味を味わってきました。

22  6_2   7 白馬五竜は自然の山も綺麗ですが人工で作られた山野草の庭園で多くの人たちが訪れるのには簡単なコースですその点栂池とは違い整然とした所があり自然体では無くむしろ栂池のように花を見つけて歩く方がいいようにも思えます。

24  25  27白い駒草もあり始めてみました 。もう少し前だとチングルマも翁草も御前立花も綺麗だったそうです 。つれずれ日記

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お山開きの前夜祭

たまたま日本橋から北口富士登山の旧道を歩く人たちに出会いじゃ前夜祭の儀式を見に行こうかなとゆう事になり出掛けてみました.、改めて富士浅間神社の素晴らしさに驚きました、何回も来ているのですが何を見ていたのかと自分に問いかけるほどおごそかな気持ちにさせられました、浅間神社の由来はいろいろと歴史は深いそうですが木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)が御神体だそうです。

1  12  1_2 私も始めて大きなススキの和をくぐらせてもらいました、昔ほど北口からの富士登山者が少なくなりバスで5合目まで行くので吉田の富士構の人たちとか婦人会信金などの人たちが力をいれて盛大な前夜祭をするのだとか聞きました

2 3   5  お道開きの手力男命(てじからおのみこと始めてみましたとても感動しその一瞬がアッとゆう間のシャッタチャンスで・・・・素晴らしかったですカメラマンがいっぱいでした、そのあとから登山者が続々と登り始めて無事に登山してして御来光を排してきてくださいと見送り感激の時間でした。

6  7 10 

11 14

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »