« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

キャツと港未来

娘の招待でCATSを見に行ってきました、劇団四季を一度は見たいと思っていたので楽しい時間でした、娘のお友達と孫も一緒でしたので何か私だけが年寄り扱いのような感じででも楽しさには変わりなく色々と驚く事ばかりでした、劇場内はちょと( ^ω^)おっおっおっとゆう感じでしたが観劇を見て納得しましたキャッツの世界ですから。席は前列から2列目の通 りで通路の所に座ったものでキャッツが50cmぐらいの所で挨拶をしたり顔を近ずけてきたりして猫のしぐさで綺麗な方でした、私が投げキスをしてやったら反対にキャッツが驚いたり楽しかったです。綺麗ですね?????素敵でした本当にキャッツです、もう酔いしれました写真が撮れないのが残念です

3_2 5 4_4 8 港未来の駅ビルでちょと豪華にお茶をして・・・・何かこんなミーハーな人たちを見つけて1枚とお願いしたらポーズを取ってくれましたが大きい方本当の女性かな??外は晴天青空と・・・・・・

6_2  17 7 11_2 キャッツを2時間半で感激して外に出たらもう好奇心できらきらに成ってしまい娘に田舎者のだよと笑われました。

10_2 12_2 13_2 14 日本丸此の船に白い帆をはった所を1度見てみたいです。ランドマークタワに来てお店を見ながら時間を過ごし暮れなずむのを待ってイルミネーションを楽しみました本当に綺麗です見ているだけで時間は過ぎて行きます。三脚を持たないのでちょと写真が怪しいですが楽しい1日でした。

04_2 03

| | コメント (3) | トラックバック (0)

寸又峡と秋葉山

暑い日が続きどこか涼しい所にとの事で先日、寸又峡に出かけてみました、第2東名から金谷インタで降り(第1東名だと随分下に成りますが今回は助かりました)金谷インターから川根町を延々と山合いに走り千頭に出てそれから又寸又峡まで行くのですが大きな大井川と吊橋とお茶の畑ばかりでした

01_4 3_3 5_4 7_4

6_3 4_3 9_3 8_3 12_4 20年ばかり前に友達と寸又峡に遊びに出かけた時は此の千頭までエスエルで来ましたそれから又トロッコ電車に揺られていったのを思い出し何とも懐かしかったです。・・・吊橋を渡るご夫婦を遠くから撮ってみましたが私達は反対側から行ったので出会い話をしてみました私達より年齢がいっているみたいでした。

10_4 11_11 14_3 13_2 最初の2枚は私が吊橋を渡りながら右側と左側を片手で橋につかまりながら撮ってみたものです ブルーの水は綺麗で山の中の空気は気持よく癒されます渡るまではもっと恐いのかと思ったのですがそれほどでもなくマーマーでした。次の朝霧が出たのですがこの吊橋に行くには30分からかかるので出かける気になれませんでした。でも後から行くべきであったと後悔です。ついでに秋葉山まで出掛けてみました、寸又峡から2時間近くですが秋葉山は火の神さんだそうです位は高いのだそうです、秋葉山本宮秋葉神社だそうです、標高900mの山の上に有り今回で2度目ですが素晴らしい景観でした。

04_3 15_3 05_3 19_2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

夏の夜の一時

伝統芸能の今2012年と題して・・伝統芸能を楽しみながらチャリテーに参加すると言う趣旨で2009年から始められた集いだそうです、その一時を娘に誘われて孫達もいしょに出かけてみました。小淵沢の身曾伎神社での一時でした、市川猿之助、片岡愛之助、藤原道山、茂山逸平、田中傳次郎さん達が今出来ることは何かとゆう事を表現したいのだそうです、新作狂言劇で源平双乱(六道の辻) それから五人の座談会・・市川猿之助の龍神の舞 短い時間でしたが素晴らしかったです何かあっとゆうまでしたが楽しい時間でした六道の辻は面白かったです

Dsc_0001 01_2  02_2 2_2 身曾伎神社は私は山梨県に居ながら知らなかったです、信公宗教かよくわからないですが凄い神社でした主人が何日か前に此の身曾伎神社を遊びながら見に行ってくれたのですが驚きました・・・・小淵沢は涼しく広大な赤松林に囲まれた径内に有り池に浮かぶ形ちで能堂が有り素晴らしい所で何ともゆえず厳かな気持ちで玉じゃリを踏みながらお参りしてきました。

04_3 02_3 Dsc_0003_3 2_7 800人からの入場者だたそうです中には綺麗に絽の着物を着て見に来ていた方もおり華やかでした、公演前でしたがほんのちょと虹が出で( ^ω^)おっおっおっ公演中の撮影は禁止でしたので1枚も撮ることができませんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »