« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

翡翠峡

お盆さんを送ってからチョト気温が下がって過ごしよくなり出かける気分になったようで、長野を超えて新潟の翡翠峡を見に行くと言う  あまり暑くないので久し振りの遠出でチョト不安もありましたが、

22 26 62 67 中央高速を安曇野まで行き安曇野から147号線を大町に進み北大町の辺で148号線に変わります白馬を越えて小谷超えだんだん秘境めいてきて随分と山の上に家がありなんか懐かしいような風景です、大糸線と並行して148号線は洞門ばっかりの道のりです、土砂崩れと積雪の多い山間部なので継ぎ足し継ぎ足しの洞門です一番長い洞門は6キロとか、ところどころに開こうしてありますが何とも圧迫感があり大きなダンプが頻繁に走ります、平成になってから豪雨でこの川の氾濫で大きな事故もあったことも思い出しました。

78 21 82 85

86 206 193 199 並行して走る大糸線の洞門が川を挟んでみられましたこの道は塩の道とも言われたそうです。山梨の方まで塩を運ぶ街道だったそうです。

87 118 094 121 お目当ての翡翠峡は新潟県に入ってから途中でまた山間に入り最初の写真の雲のかかったのが翡翠峡です、翡翠峡とゆうのでもと渓谷が延々と続いているのかと思ったですが山峡にでんと大きな岩山が表れて広角の写真で精いっぱいのきょりです、この翡翠峡の山が大雨で岩が崩れて流れ流れて新潟の海に出て日本一の翡翠の産地になるのだそうです、で翡翠海岸とゆわれるそうです。

166 162 167 140 翡翠峡を見て姫川に出て一泊でしたが、ホテルは冬スーキーのメッカで雨飾山のふもとです、つるつるとした温泉で体にいいのかもしれません硫黄の臭いはしませんでしたが、山深いところで棚田が広がりのどかでいいきぶんでした、散歩をしていて何か四つ葉があるように思えて座ってよく見ているとそこにも此方にも四葉、立とうと思うとまた目に入りなんかたくさん取ってしまいました、手帳に挟んでみたのです、此処のホテルの支配人は女性の方で50代のバリバリの方でいろいろと配慮してくれてなんか有りがたかったです。朝もコーヒと果物もつけてくれてホンワカとした気分でした、これからあの長い洞門を超えて山梨まで帰るのだと思うと年齢的に気が重く心配でした、しかし洞門をいくつか超えて白馬、青木湖、中綱湖となると気分もホッとします。休憩をしながら家に着きで何日か経つと又何処かに出掛けたくなるのです。

231 170




























































| | コメント (2) | トラックバック (0)

八月も中旬

七月の中ごろ~八月の中旬間での猛暑は凄かったと思います、この所チョト気温が下がったので過ごし良いように感じますこの所otoなる方が見るも痛ましいほど軽量になり私もきずかって自分で できる範囲の行動をとっています、今回も蓮池の花がもう満開かなと思い出かけて見ました  

03 07 09


15 お盆さん前でしたがこの様にして年配者が蓮池の周りと池の整備をしていました腰の丈までの深さです汗だくでご苦労様です、ちなみに蓮の蕾を売っていたので買ってきたのですが、蕾が夕方には開き始めて3日目には散り始めました、売ってくれる係の人が日持ちはしませんよ。と教えてくれましたが欲しかったのです。お盆さんの前本の整理をしていたら写真の撮り方のマニアルが見つかり読んでいるうちに花火の撮り方について・・・今だと理解できて・・・・何年か前は見ても理解できなかったのですが、で花火に挑戦してみたくなり15日の西桂の花火大会に挑戦してみようと勇んでみました。

21 22 24

25 46 50

51 67 58

93 あまり上手にクリヤできませんが玉や・・・島や…なぞと小さな声で声援を送りなが何とか挑戦しました、夜風に吹かれてその割に楽しかったです。



































| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日から八月

もう今日は8月月日のたつのは早いものである。先週の日曜日主人も用事で一日留守で娘達も出かけたみたいだしなんだか私一人みたいでいつも一人の状態なのですが、日曜日と言うことが頭にあり何かじっとしていられず蓮池に蓮の花を見に出かけたのです、蓮池にはバーベキュウをしている人達とか、釣り人とか県外の車も何台かありああ皆さん涼と趣味を楽しん居るんだな・・・・、蓮の花はあまり咲いてはおらず見つけて写真を撮る程度でした、

0005_3 0002_2 16 この日、私はチョトした出来事に出合い暑い中思いもかけないハプニングで驚きました。1時間ばかり蓮池で写真を撮ったり涼しさを満喫して其の後、カメラのバックの中にバイクのカギを入れておいたのを忘れて,バイクの座席にカメラバックをしまいろっくしてしまい?????ああーどうしようさあ大変だ鍵鍵鍵…後の祭りです、どう考えてもどうにもならず困り果て、バーベキュウをしていた方に助けを求めて、寿駅まで何とか送ってもらい家に戻ったのです、優しい方でした本当にありがとうございます。なんかその時の出来事考えるだけでぞっとする思いですスペア―を持たないことにあきれました、家についてまた孫に蓮池まで送ってもらい自分のバイクにたどり着く有様です、しかしそのまま帰るのもと思い、すぐ近くの鐘山の滝に行きここで又癒されました、ここは涼しかったですマイナスイオンがいっぱいでした。

0017 0054 0040

0071 23 026 滝の真ん中に小さな虹が出ていました、それから2日後西桂に出かけた折綺麗な夕焼けに出合いました


016 0441 満月に(7月30日)朝霧高原に月と富士山を取りに出かけたのですが雲リ空で駄目なもので家に帰って7時ごろ月の出を楽しみました未練がましいですが、次の夜も7時45分頃月が出てきれいに見えました、この夜の月はオレンジ色をしていました。





















| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »