« 2018年5月 | トップページ

2018年6月

山形の旅 出羽三山

今日は梅雨の合間の晴れです しかし晴れると暑い、年を重ねると暑さも寒さも答える、山形の旅ももう一ヵ月も前の事に成なりますが、今日は頑張って3日目を出したいと思います3日目は出羽三山です私はここが目的でした、  

856_2 883_2 064 私たちは山形の湯の浜温泉に2泊しながらレンタカーでいろんなところを見て回ったのです、湯の浜温泉から30分ばかりで出羽三山の入り口 鳥居に出会います、はるか手前からの鳥居で凄いです、これからかなり登りあげて月山の入り口になります、月山えの道のりは山を一つ越えてゆくみたいですが私たちは五重の塔を見て又車で月山まで登りあげました。

893_3 96_3  20_2
 月山への入り口【随神門】ですこれから石段を50メートルぐらい【ままこ坂】降りてゆきます、この地方で飢饉があった時代子供を一番下所に捨てた親が居たら子供ははってこの石段を登ったとかそんな伝説もあるそうです。須賀の滝に架かる橋


912_3 932 59_3 須賀の滝 ご神木

948_2 967_2  957
拝観料を払って御祓いをしてもらい たまたま五重塔の中を開講していて見ることができて凄い構造でしたが写真撮影はだめとのことでした、

042 990 この石畳みは表参道1、7K2447段あり樹齢400年近い杉並木がつずいています、私たちはここから戻り車で月山まで登りました、

71_2 69_2 97
 いよいよ出羽三山月山です、重要文化財 三神合祭殿 山頂に立つ合祭殿は 月山 羽黒山 湯殿山 豪壮な建物で圧倒されました。神仏集合時代の名残をどめる作りだそうです、高さ28メートル茅葺屋根のあつさ2ⅿ20cmとか、内部は漆塗りです勇壮です


81 03 50 この石畳が登りあげたところです、私たちが表参道にいた時小学6年生の人達が先生の引率で登りしばらくしてから月山で出会いました、大変だったと言ってました。いよいよ旅の最後です山形ともお別れです、私たちは夜の8時近い山形からの便で羽田に向かいました上空の夜景は素早しいイルミネーションでカメラは閉まってしまい撮ることがかないませんでした、思い出をいっぱいもらいいつも護衛されながらなんだか自分はまだまだと思って居るが傍から見たら良い年よりかもしれない、人生の終活かななぞとも思いました。     訪問してありがとうございます。
44_2 



























 





 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山形の旅2

梅雨に入ってもう何日に成ろうか、昨日(16日)は寒かった、今日はお日様が顔お出したり隠れたり、台風が太平洋側を通過するため今週いっぱいはお天気が雲りマークとでた。6月ももう月後半に差し掛かった何をしていたのだろうと思う、畑の作物の世話と花の手入れで振り回されていたのか、??でも楽しみで朝起きるのが張り合いにもなっていた、今年初めてこの年になって作物を一から世話をすることになり何とか作物に聞きながら見ながら自然に育ててなるがままに励ましている、ジャガイモも、もう掘って食べてみた、娘たちがポテトサラダにして持ってきたり、マーア特別美味しくも感じもした、今日は山形の旅を出さなければと、頑張ってみます。

326 381 374_3鳥海山です酒田の町から見た鳥海山で美しかったです、この日は酒田のお祭りと有名な居山物産展を見ました、下の写真は居山倉庫明治の建物で北前船で物資を運んで保管したとかみごたえがあり素晴らしかったです

389 393_5 418_3

04e0a4e06f9d1c8d6afc6f0b52a08a6f94c 597_2 616_2時間があったのでクラゲの水族館を見に行きました、山形でも日本海に面した位置で楽しかったです

655 583 749_3 クラゲの種類もたくさんあって体力的に疲れてもうたくさんと言うほどでしたそしたた水族館の職員がウミネコとカモメに餌や料金を楽しませてくれました,これはとても良かったです、私は手が臭くなるのでしませんでしたが、皆さん楽しんでいました、ちなみにエサは鰺です。


7501 279 842_2暫らく海を見つめながら過ぎし日を思い自分の時間に浸りました。












| | コメント (1) | トラックバック (0)

山形の旅

今日から六月今年ももう折り返し点に来てしまった早いものである。五月の後半に娘に誘われて山形に出かけてきました、行程はまず一日目は山形空港からレンターカーで山寺に行きその後山形の美術館と言う最初の日の行程でした、お天気はあまりよくなく曇り空で、山寺の石段を上るには丁度良かったかもしれません。私はここは三回目ですが多分登り切れずに下で待つことになると思ったです。しかし登り始めて修行の石段(坊さんが修行をするのに使った石段ともいわれています)を登りながらいろんなことを考えたり。+汗を流しながら、休みながら孫に励まされながら何とか登り切れました、奥の院までです我ながら驚いた次第です。2度とも見晴らし台まででした。

6167 6262 6204山寺の登り始めに芭蕉の日があり静けさや岩にしみいる蝉の声有名な句です


1122 1211 6208数えきれない石段を登ってゆくと納経堂と開山堂



6259 6220 6223大変な石段の途中にハナに励まされやっと見晴らし台にたどり着きます


6235 6237 239初めて登り切った奥の院



















 











 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ